記事一覧

意外に簡単な修理

業者

自分で直すのも得策

水漏れ修理では、専門業者に依頼をするしか方法がないと思っている人もいるでしょう。しかし、水栓の種類によっては、修理をするための道具や部品さえ手に入れば自分で簡単に直せるような水漏れもあります。キッチンではシングルレバーの水栓が設置されているところも多いでしょう。このようなシンプルな水栓であれば意外に簡単に直せるケースもあります。このような水栓では、排水口からポタポタと水漏れをしたり、本体の隙間から水が染み出てくるトラブルが発生しやすいです。これらの原因が、パッキンや内部のカードリッジの劣化です。原因となっているパッキンやカードリッジを交換するだけで水漏れ修理をすることができます。この時に必要となる道具は、ドライバーとモンキーレンチなどで、これらの道具はすでに手元にある人もいるでしょう。パッキンなら数百円程度でホームセンターで販売されていることから、修理費はこの交換する部品代だけで済ませることもできます。通常の修理では業者依頼をすると3,000円〜5,000円程度は必要になることを考えれば格安の修理費です。ただ、水栓を分解しようとしても、古い物ではネジなどが硬くなっていることも良くあります。無理に力を加えたことで破損してしまい大きな修理費を支払うことにもなることはよく理解しておきましょう。そのため、少しでも不安がある、水栓が古いといったケースでは、やはり専門業者に依頼をするのが得策となるでしょう。状況をよく確認し、自分で直せる状況であれば自分で水漏れ修理をし、不安があるなら業者に水漏れ修理を依頼しましょう。

Copyright© 2017 水漏れ修理はセルフもアリだけど業者に依頼する方が手っ取り早い! All Rights Reserved.