記事一覧

サービス内容とは

配管

修理にかかる費用や時間

蛇口や配管は長年使っていると水漏れが起こることがあります。水が噴出するほどのトラブルであれば急いで修理してもらわねばなりませんが、ポタポタと水が漏れる程度ならばつい放置してしまいがちです。ですがそのままにしておいては水道料金にも関わりますし、何より配管やパッキンなどの部品が決定的に損傷してしまうことにもなりかねません。水漏れ修理はある程度の段階で依頼するのがおすすめです。水漏れ修理は簡単なものならばDIYでも可能ですが、そういった作業が得意でない場合や、水漏れが配管から起こっているような場合は業者に依頼した方がよいでしょう。作業に不慣れだと逆に元に戻せなくなったり、症状が悪化したりして、結局二度手間になるおそれもあります。また配管に関わる工事は素人では難易度が高く難しいものであるためです。水漏れ修理は、水漏れ箇所の確認、分解、水漏れ原因である部品の交換、再現という流れで進みます。水漏れ修理業者の中にはアフターフォローまで含むこともあります。アフターフォローまで含む業者ならば、万が一完全に直ってなかったときや、分解により別の部分が損傷したときでも安心なのでおすすめです。点検と見積もりまでは無料で行う業者も多いです。水漏れ修理には短くて一時間、長くても三時間ほどあれば完了します。ただ思わぬところからの水漏れだったり、部品が足りなかったりすると後日の工事となり時間がかかることもあります。点検と工事が別日であればよっぽどそのようなことは起こりませんが、そういうこともあるとイメージしておきましょう。費用は一万円から五万円ほど見ておけば大丈夫です。

Copyright© 2017 水漏れ修理はセルフもアリだけど業者に依頼する方が手っ取り早い! All Rights Reserved.